作品集

大切な人との思い出
ミニシアター映画
画像

第五福竜丸

第五福竜丸

『第五福竜丸』は、日本人漁夫がビキニ環礁で遭遇した水爆実験の被害事件を描いたもので、「米」の八木保太郎と新藤兼人の脚本を、「悲しみは女だけに」の新藤兼人が監督しました。撮影は植松永吉・武井大が担当しています。

カタルシスを味わう 優和住宅は物件紹介数ダントツ?1!市川市 土地のお部屋をお探しなら是非ご利用ください!

あらすじ

一九五四年三月、焼津港を出た漁船第五福竜丸は、魚を求めてビキニ環礁のあたりにいた。乗組む二十三人の漁夫たちは、故郷に妻や恋人や親たちを持つ、平凡な人々だった。船長笠井太吉はわずか二十二歳の若さで、船の実権は漁撈長の見島民夫が握っていた。苦労人の無線長久保山愛吉は乗組員たちの信任を得ていた。三月一日の午前三時四十二分、乗組員たちは夜明け前の暗やみの中に白黄色の大きな火の柱が天に向ってたちのぼるのを目撃した。六、七分の後、大爆音があたりをゆるがせて響いた。ビキニ環礁で米国の専門家たちによって行われた水爆実験であった。立入禁止区域外にいて、何も知らなかった一同の頭上に、やがて真白な死の灰が降りそそいだ。三日後、船員たちは灰のついた部分の皮膚が黒色に変り、身体に変調が生じたのに気づいた。帰港後、焼津協立病院外科主任大宮医師の診断により、一同が原爆症とわかり、第五福竜丸の船体から放射能が検出されるに及んで、事件は大きく表面化した。物理学者・化学者・生物学者・医師等が焼津に集まり、報道陣は活躍をはじめ、日本中の目は焼津に注がれた。報道は世界中に打電され、アメリカからも専門家が調査にやってきた。しかし、彼等は何故か積極的な協力を日本側に与えようとはしなかった。二十三人の漁夫たちは東京の病院に移され、日本側医療科学陣の総力をあつめて治療が進められた。慰めの言葉や抗議文が、病人たちの枕辺にはうず高くつまれた。外国からも多くの手紙が殺到した。しかし、漁夫たちの中でも年長者であり、身体の衰弱の激しい久保山愛吉は、肉身の者に見守られながら、「身体の下に高圧線が通っている……」と絶叫しつつ死んだ。こうして、原子力研究とは何の関係もない漁夫たちに突然襲いかかった悲劇は、今なお続いているのだ。

キャスト

  • 久保山愛吉:宇野重吉
  • 久保山しず:乙羽信子
  • 知事:小沢栄太郎
  • 木下博士:千田是也
  • 県衛生部長:永田靖
  • 清川博士:三島雅夫
  • 東一副院長:松本克平
  • 見島民夫(漁撈長):稲葉義男
  • 熊谷博士:浜田寅彦
  • 大宮医師:永井智雄
  • 都目博士:清水将夫
  • アナウンサー:内藤武敏
  • 美波博士:原保美
  • 焼津の警官:三井弘次
  • 社会部次長:嵯峨善兵
  • 写真屋のおっさん:中村是好
  • 矢代きよの父:森川信
  • 泉谷博士:十朱久雄
  • 助役:殿山泰司
  • 原爆障害調査委員会所長:ハロルド・コンウェイ
  • アイゼンバアグ:ジョウ・ハーディング
  • 米人医師A:ヨハン・ライクル
  • 米人医師B:マリア・ウィリアムス
  • 米大使代理:ピーター・ウィリアムス
  • 協立病院長:武田正憲
  • 理髪屋の主人:小笠原章二郎
  • 西山与市(船元):松本染升
  • 病院の小使:島田屯
  • 組合長 笹川恵三
  • 内科医長(東一):木下陽
  • 山崎浩司(機関長):松山照夫
  • 近藤次郎(甲板員):市村昌治
  • 矢代きよ 広井以津子
  • みどり(かもめの女):多摩桂子
  • 小森たき:内田礼子
  • 見島の妻:眸瑠璃子
  • 谷岡婦長:桜井良子
  • 山崎の母:原ひさ子
  • 河田の・母つや:小峰千代子
  • 久保山きぬ:毛利菊枝

スタッフ

  • 監督:新藤兼人
  • 脚本:八木保太郎、新藤兼人
  • 製作:絲屋寿雄、若山一夫、山田典吾、能登節雄
  • 撮影:植松永吉、武井大
  • 美術:丸茂孝
  • 音楽:林光
  • 録音:丸山国衛
  • 照明:田畑正一

漁船『第五福竜丸』とは?

1947年、和歌山県東牟婁郡古座町(現:串本町)でカツオ漁船第七事代丸(だいななことしろまる)として進水。その後静岡県焼津市でマグロ漁船に改造され、第五福竜丸(第五福龍丸)となりました。1954年3月1日に、ビキニ環礁での米軍による水爆実験「キャッスル作戦」に巻き込まれて被爆しました。3月14日に焼津港に帰還し、静岡大学の塩川孝信と山崎文男によって検査を受けました。3月16日の検査では船体から30m離れた場所で放射線を検出したことから、塩川は人家から離れた場所へ係留するよう指示をし、鉄条網が張られた状態で係留されました。その後、文部省(現:文部科学省)が船を買い上げ、8月に東京水産大学(現:東京海洋大学)品川岸壁に移されました。

事件後の漁船『第五福竜丸』はどうなった?

この後さらに検査と放射能除去が行われた後に三重県伊勢市大湊町の強力造船所(現:株式会社ゴーリキ)で改造され、東京水産大学の練習船はやぶさ丸となりました。この時代の母港は千葉県館山市。1967年に老朽化により廃船となり、使用可能な部品が抜き取られた後に東京都江東区夢の島の隣の第十五号埋立地に打ち捨てられますが、同年、東京都職員らによって再発見されると保存運動が起こり、現在は東京都によって夢の島公園の「第五福竜丸展示館」に永久展示されています。

漁船『第五福竜丸』のエンジン部分は?

心臓部であるエンジン部分は廃船時に船体から切り離されて貨物船「第三千代川丸」に搭載されていましたが、この貨物船は1968年に航海途上の三重県熊野灘沖で座礁、沈没しました。その28年後の1996年12月、民間有志(「第五福竜丸エンジンを東京・夢の島へ」和歌山県民・東京都民運動)によって海底から引き揚げられ、第五福竜丸展示館の脇に展示されました。

米国の対応

第五福竜丸以外にも危険区域内で多くの漁船が操業していたことが明らかとなりました。この水爆実験で放射性降下物を浴びた漁船は数百隻にのぼるとみられ、被爆者は2万人を越えるとみられています。第五福竜丸が米軍による水爆実験に巻き込まれて被爆した出来事は、日本国内で反核運動が萌芽する動機になりました。反核運動が反米運動へと転化することを恐れた米国政府は、日本政府との間で被爆者補償の交渉を急ぎました。一方の日本政府も、復興のために米国経済に依存せざるを得ない状況だったこと、かつ平和的利用の名目で原子力技術を米国から導入できる可能性も出てきた時期でもあったことから、占領国であった米国を刺激したくないという思惑もあったと考えられます。結果、両者は「日本政府は米国政府の責任を追及しない」確約のもと、事件の決着を図りました。

米国の見解

米国の国家安全保障会議作戦調整委員会 (OCB) は「水爆や関連する開発への日本人の好ましくない態度を相殺するための米政府の行動リスト」を起草し、科学的対策として「日本人患者の発病の原因は、放射能よりもむしろサンゴの塵の化学的影響とする」と明記し、「放射線の影響を受けた日本の漁師が死んだ場合、日米合同の病理解剖や死因についての共同声明の発表の準備も含め、非常事態対策案を練る」と決めていました。実際、同年9月に久保山無線長が死亡した際に、日本人医師団は死因を「放射能症」と発表しましたが、米国は現在まで「放射線が直接の原因ではない」との見解を取り続けています。

第五福竜丸を主題とした作品

  • 『第五福竜丸』:事件の5年後の1959年に新藤兼人監督によって同名の映画が作られ、事件の半年後に死亡した久保山愛吉を宇野重吉が演じました。
  • ベン・シャーンにより同船を主題とした連作絵画『ラッキードラゴン』が描かれています。
  • 岡本太郎作「明日の神話」
  • ベン・シャーンの連作絵画『ラッキードラゴン』などを用いた創作絵本『ここが家だ-ベン・シャーンの第五福竜丸』 絵=ベン・シャーン、構成・文=アーサー・ビナード(中原中也賞受賞の、米国生まれの日本語詩人)
  • NHK・特集ドキュメンタリー「廃船」1969年3月22日放送。東京・夢の島に打ち捨てられた第五福竜丸と、乗組員のその後を追っています。
  • ヘルベルト・アイメルト 久保山愛吉のための墓碑銘 Epitaph fur Aikichi Kuboyama(朗読を伴う電子音楽作品)
  • 『おーい、まっしろぶね』山口勇子作・童心社:第五福竜丸を題材にした、子供向けの反核童話絵本。
  • 『わすれないで-第五福竜丸ものがたり』赤坂三好、金の星社:第五福竜丸事件を題材にした子供向けの絵本。大人向けの解説と資料も詳しい絵本です。
  • 「ラッキードラゴン第五福竜丸の記憶」 福島弘和:ベン・シャーンのラッキードラゴンから受けた印象を元に創られた福島弘和の吹奏楽曲。春日部共栄高等学校吹奏楽部委嘱作品。
  • 日本テレビ・NNNドキュメント「放射線を浴びたX年後 ビキニ水爆実験、そして…」(制作:南海放送、2012年1月29日放送)
  • トビウオのぼうやはびょうきです - いぬいとみこ・著、 津田櫓冬・絵 金の星社 1982年刊行の絵本。および同名のアニメ映画。 擬人化されたトビウオの子供と魚たちが主人公。結末では第五福竜丸の事故が語られ、死の灰により魚たちは皆死に、トビウオのぼうやも原爆症に苦しみます。アニメではトビウオが海上を飛ぶ時に写実的な画風に変化する演出があります。教育映画として小学校での回覧上映もされました。
名作映画を観よう!