作品集

大切な人との思い出
横浜の貸し会議室、会議室レンタルは市民フロアへ。横浜 貸会議室各種セミナー・スクール等にもご使用いただける便利な貸会議室です。
ミニシアター映画
画像

藪の中の黒猫

藪の中の黒猫

『藪の中の黒猫』は、平安末期の伝承説話“妖怪・黒猫”から発想を得て、争乱の民衆たちの人間像を幻想的イメージで描いた新藤兼人監督の話題作。新人・太地喜和子のエロチシズムが話題を呼びました。

カタルシスを味わう

あらすじ

相次ぐ戦乱に荒廃した平安中期の京。一軒の貧しい民家に住む若い娘と母親が、落武者の暴力を受け、家もろとも焼け死んでしまった。羅城門に妖怪が現われるようになったのはその時からである。幾人もの侍が、毎夜、毎夜、深い闇の中から現われた美女について行ったあげく、翌朝、喉を食いちぎられて発見されたのだ。その頃、敵の大将の首をとった百姓の出の薮ノ銀時が、頼光の股肱の輩下に加わった。銀時は母と嫁に自分の武将姿を見せようと我が家に帰ってみたが、彼を待っていたのは無残な焼跡だった。母も妻もいなかった。やがて銀時は頼光から、妖怪退治の命を受けた。夜の羅城門の近くで、白い袿の女が現われ、導かれるまま銀時は女の家に入った。そこには女の母が待っていた。彼は驚いた。若い女は自分の妻に、その母はやはり自分の母にそっくりだったのだ。だから銀時に妖怪退治ができようはずはなかった。その夜から、銀時は妖怪に思慕の情をつのらせていき、若い妖怪もまた、銀時への慕情に身をさいなんでいた。だが、会うことは許されなかった。母と娘の霊魂は、酷い仕打ちをした侍の生血をすすることを天地の魔神に誓い、その約束で現世の姿をかりることが出来たからである。それでも若い女は羅城門に現われた。銀時は狂喜した。二人の抱擁は狂おしくつづいたが、七日間が過ぎた時、女は消えていた。誓いを破った女は地獄へ落ちて行ったのだ。残された母は、それを哀しく思いながら、侍の生血をすすることに執念を燃やした。銀時は頼光に責められ、いよいよ決意に迫られた。ある夜、母の顔に怪猫の姿を見た銀時は太刀を振るって、腕を斬り落とした。それはみるみる千年の歳を経た黒い怪猫の前脚になっていった。銀時は物忌みをするよう七日間の蟄居を命ぜられた。その時、銀時は計られて前脚を母に奪い返されてしまった。前脚は猫の武器なのだ。狂ったように闇の中を追う銀時、しかし彼は翌朝、雪をかぶって死んでいた。彼の周りを、一匹の黒猫が悲しそうに鳴きながらまとわりついていた。

キャスト

  • 中村吉右衛門:藪銀時(八)
  • 乙羽信子:中年女(おヨネ)
  • 佐藤慶:源頼光
  • 戸浦六宏:武将
  • 太地喜和子:若い女(おシゲ)
  • 殿山泰司:農夫
  • 観世栄夫:帝の声
  • 江角英明:輩下A
  • 大木正司:輩下B
  • 加地健太郎:輩下C
  • 宮田勝:検非違使B
  • 西内紀幸:検非違使A
  • 金田栄珠:クマスネヒコ
  • 滝譲二
  • 河西郁子:美女A
  • 瀬畑佳代子:美女B
  • 岡田千代:美女C
  • 広田春美
  • 内良子

スタッフ

  • 制作:近代映画協会
  • 配給:東宝
  • 製作:堀場伸世、能登節雄、桑原一郎
  • 監督・脚本:新藤兼人
  • 撮影:黒田清己
  • メーキャップ:小林重夫
  • 音楽:林光
  • 美術:丸茂孝、井川徳道
  • 照明:田畑正一
  • 録音:大橋鉄矢
  • 編集:榎木寿雄
  • 助監督:松本博史
  • 演出助手:鈴木忠雄、星勝二、神山征二郎、臼井高瀬、国上淳史
  • 撮影助手:南文憲、高尾義照、北村武士、樫山強
  • 照明助手:藤山弘明、城戸国男、西川安蔵、広瀬保
  • 記録:城田孝子
  • 編集助手:藤ヶ崎洋子、小林明子
  • 製作宣伝:花安静香
  • 製作経理:吉野三保子
  • 進行:市瀬光洋
  • 衣裳考證:上野芳生
  • 装飾考證:高津年晴
  • 能指導:観世栄夫
  • 殺陣:上野隆三
  • スタントマン:大矢正利
  • 装置:加藤岩男、加藤恭浩
  • タイトル:加茂牛之
  • 現像所:キヌタ・ラボラトリー
  • 録音所:アオイ・スタジオ

二代目中村吉右衛門

主演の二代目中村吉右衛門をご存知でしょうか。二代目中村吉右衛門は1944年(昭和19年)5月22日東京都千代田区出身。暁星高等学校卒業。早稲田大学第一文学部仏文学科中退。屋号は播磨屋、定紋は揚羽蝶、替紋は村山片喰。『勧進帳』や『義経千本桜』などでの武蔵坊弁慶役が十八番で、1986年のNHK新大型時代劇『武蔵坊弁慶』でも、主人公・弁慶役を演じました。また、テレビでの当たり役、フジテレビの時代劇シリーズ『鬼平犯科帳』で演じた主役・鬼平こと長谷川平蔵役の成功によって、お茶の間でもお馴染みの顔となりました。

人物

2011年(平成23年)、重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定されました。関西学院大学客員教授を務めていて、日本芸術院会員にも推薦され、就任しています。

プロフィール

  • 1944年5月22日 - 誕生。八代目松本幸四郎の次男。兄は九代目松本幸四郎。外祖父の初代中村吉右衛門の養子となりました。
  • 1948年6月 - 東京劇場にて『俎板長兵衛』の長松ほかで中村萬之助を名のり初舞台。
  • 1966年10月 - 帝国劇場にて『金閣寺』の此下東吉ほかで二代目中村吉右衛門を襲名。
  • 2002年 - 日本芸術院会員に。
  • 2006年9月 - 歌舞伎座にて初代吉右衛門の俳名を冠した「秀山祭」をはじめました。以後毎年恒例になりました。
  • 2008年9月 - 関西学院大学文学部客員教授就任。
  • 2011年 - 重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定。

受賞歴

  • 1955年 - 第8回毎日演劇賞演技特別賞
  • 1975年 - 名古屋演劇ペンクラブ年間賞
  • 1977年 - 芸術選奨新人賞
  • 1984年 - 第39回芸術祭賞優秀賞、眞山青果賞大賞、第41回日本芸術院賞
  • 1991年 - 第46回芸術祭賞、第12回松尾芸能賞大賞
  • 1995年 - 眞山青果賞大賞、第3回読売演劇大賞優秀男優賞
  • 1996年 - 第19回日本アカデミー賞優秀主演男優賞
  • 1999年 - 第9回日本映画批評家大賞ゴールデングローリー賞
  • 2002年 - 第57回芸術祭賞
  • 2007年 - 第48回毎日芸術賞
  • 2008年 - 第12回坪内逍遥大賞、第28回伝統文化ポーラ賞大賞
  • 2009年 - 第16回読売演劇大賞選考委員特別賞

歌舞伎

  • 『勧進帳』の弁慶
  • 『仮名手本忠臣蔵』の大星由良助
  • 『一谷嫩軍記・熊谷陣屋』の熊谷直実
  • 『鬼一法眼三略巻・一条大蔵譚』の 一条長成
  • 『妹背山婦女庭訓・吉野川』の大判事清澄
  • 『平家女護島・俊寛』の俊寛僧都
  • 『傾城反魂香・吃又』の絵師又平
  • 『東山桜荘子』(佐倉義民伝)の木内宗吾
  • 『菅原伝授手習鑑』の武部源蔵、松王丸
  • 『天衣紛上野初花』(河内山)の河内山宗俊
  • 『大老』の井伊直弼
  • 『梶原平三誉石切』(石切梶原)の梶原景時
  • 『松浦の太鼓』の松浦鎮信公
  • 『博多小女郎浪枕』の毛剃
  • 『ひらかな盛衰記・逆櫓』の樋口次郎
  • 他多数


テレビドラマ

  • 鬼平犯科帳(八代目松本幸四郎版)(1969年 - 1972年、NET) - 辰蔵 役
  • 右門捕物帖(1969~70年、日本テレビ) - 近藤右門 役
  • 斬り捨て御免!(1980~82年、東京12チャンネル) - 花房出雲 役
  • 武蔵坊弁慶(1986年、NHK) - 武蔵坊弁慶 役
  • 大忠臣蔵(1989年、テレビ東京)- 松平網豊 役
  • 鬼平犯科帳(1989年~、フジテレビ) - 長谷川平蔵 役
  • 忠臣蔵 風の巻・雲の巻(1991年、フジテレビ) - 服部市郎右衛門 役
  • 忠臣蔵~決断の時(2003年、テレビ東京) - 大石内蔵助 役

映画

  • 続源義経(1956年) - 良成 役
  • 夜の鼓(1958年/今井正監督) - 弟・文六 役
  • 敵は本能寺にあり(1960年) - 森蘭丸 役
  • 笛吹川(1960年/木下恵介監督) - 安蔵 役
  • 野盗風の中を走る(1961年) - むっつりの弥助 役
  • 忠臣蔵 花の巻・雪の巻(1962年) - 萱野三平 役 

  • 藪の中の黒猫(1968年/新藤兼人監督) - 薮ノ銀時 役
  • 心中天網島(1969年/篠田正浩監督/近松門左衛門作品) - 紙屋治兵衛 役
  • あゝ海軍(1969年) - 平田一郎 役
  • お吟さま(1978年) - 高山右近 役
  • 利休(1989年/勅使河原宏監督) - 徳川家康 役
  • 歌舞伎役者片岡仁左衛門・登仙の巻(1995年)
  • 鬼平犯科帳 劇場版(1995年/小野田嘉幹監督) - 長谷川平蔵 役
  • わが心の歌舞伎座(2011年)歌舞伎座さよなら公演記念ドキュメンタリー作品
  • シネマ歌舞伎・一谷嫩軍記 熊谷陣屋(2011年)
名作映画を観よう!